浜辺美波、上白石萌音…「東宝シンデレラ」出身女優が大活躍の理由

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/01/26(火) 13:43:08.11 _USER9
東宝シンデレラたちの勢いが止まらない。 今期のゴールデンタイムのドラマには、2011年ニュージェネレーション賞の浜辺美波(20)と、審査員特別賞の上白石萌音(22)の2人が主演。深夜ドラマで主演を務めている2016年グランプリの福本莉子(20)も含めると、何と3人もの所属タレントが主演を占めているという状態だ。 また2011年グランプリの上白石萌歌(20)は、新春に放送された木村拓哉主演のスペシャルドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ)で、昨年に続き重要な役どころを務めていた。 東宝と東宝芸能による「東宝シンデレラオーディション」は、毎年開催されるものではない。最近は5、6年に1回という不定期開催で、何らかの賞を受賞できるのも5、6人程度と、非常に狭き門だ。それなのにここ数回は、長澤まさみ(33)、浜辺美波、上白石姉妹と、主演級の女優を多く生み出している。 より頻繁に開催されているオスカープロモーションの「全日本国民的美少女コンテスト」やホリプロの「タレントスカウトキャラバン

リンク元

タイトルとURLをコピーしました