浜辺美波さん、女優辞めたいと思った過去「泣いて泣いて…劣等感しかなかった」

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/04/26(月) 19:14:24.12 _USER9 BE:114031136-2BP(0)
 女優の浜辺美波(20)が25日放送のTBS「日曜日の初耳学」(日曜後10・00)に出演し、女優を辞めたいと思ったことが「たくさんあります」と明かした。  浜辺の芸能界デビューは、2011年の「第7回東宝シンデレラオーディション」でニュージェネレーション賞を受賞したのがきっかけ。当時、小学4年生だったが同グランプリ受賞の上白石萌歌(21)、同審査員特別賞の上白石萌音(23)ら同期に対しコンプレックスを感じ「どうしても自分は身長も低かったし歌やダンスが上手かったりするわけでもなくて、どんだけレッスンしても追いつけない部分が本当に多くて劣等感しかなくて…最初はレッスン受けて泣いて、帰りの電車でもマネジャーさんに怒られて泣いてみたいな。しっかり幼少期から劣等感を感じさせていただいた」と明かした。  司会の林修氏から「女優をやめたいと思ったことは?」と問われると、浜辺は「たくさんあります」と即答。続けて「節目節目で“続ける選択”をしたことが結果的にすごく

リンク元

タイトルとURLをコピーしました