“半沢色”満載、異例の続編「ドラゴン桜」、前作と作風がガラリと変わった事情

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/04/29(木) 13:26:51.36 _USER9
 TBSの連続ドラマ「日曜劇場 ドラゴン桜」(日曜午後9時)が4月25日に始まった。ヒットした2005年の作品の続編なのはご存じの通り。今回も好評だが、前作と作風が随分と違うため、SNS上には違和感を訴える声も並ぶ。これは「シン・ドラゴン桜」と呼ぶべきなのか? 「ドラゴン桜」の続編は江口のりこ(41)の顔面アップから始まった。偏差値32の龍海学園高を運営する龍海学園の理事長・龍野久美子役である。 「あなた、本気でおっしゃってるの?」(久美子) 教頭の高原(及川光博、51)が、入学者減を打開するため、東大合格者の輩出を目指すべきだと訴えたところ、久美子はこの冷たい言葉を口にした。 顔面アップはこのドラマのチーフ演出家を務める福澤克雄氏(57)の特徴的な構図だ。福澤氏がやはりチーフ演出家だった「半沢直樹」も顔面アップが多かったのは記憶だろう。また江口も及川も「半沢直樹」の出演者である。  落ちこぼれ受験生を東大に導く弁護士・桜木健二(阿部寛、56)が主人公なのは一緒だが、続編は

リンク元

タイトルとURLをコピーしました