マリエの「枕営業」告発が大問題にならない理由 騒動からみえる令和型「判官びいき」の構図

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/05/02(日) 11:39:49.79 _USER9
 マリエの衝撃告発から、ひと月がたった。4月4日にインスタグラムの生配信で、15年前、当時のトップ芸人・島田紳助(2011年に引退)に関係を迫られたと明かし、断ったことで紳助絡みの仕事を失ったと主張。また、同席していた出川哲朗が止めなかったとして、「CM出てるのはマジで許せない。本当に許せない」と非難した。  ただし、出川サイドは「お騒がせしているような事実はない」と否定。また、酒らしきものを飲みながらの発信という彼女のやり方にも、疑問の声があがっている。  15年前の真相はさだかでないものの、この件で久々に注目されたのが「枕営業」だ。実力者とこれから成功しようとする者が性的につながることで、おたがいに利益を得ようとすることを指し、世間的なイメージはよくない。が、芸能界では昔から、さまざまなうわさが語られてきた。  とはいえ、その実態は都市伝説みたいなもの。うまくいった場合、おたがいに得をしているので、真相が明かされることはめったにない。明かされるのはもっぱら、利益を得られな

リンク元

タイトルとURLをコピーしました