今年30歳・SKE48須田亜香里、卒業が怖い「握手会がなきゃ私って価値がない」

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/01/31(日) 11:00:43.29 _USER9
“握手会での神対応”で知られ、2018年の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では自己最高の2位に輝いたSKE48の須田亜香里。 アイドル活動のほか、バラエティー番組でも個性を発揮する須田が『劇場版・打姫オバカミーコ』で初主演を務める。 今年30歳という節目を迎える須田に、「プレッシャーだった」という本作や、コロナ自粛期間に感じた葛藤など今の率直な思いを聞いた。 ★「握手ができない私は意味がない」と葛藤 昨年はコロナ禍でグループ恒例の握手会が中止されるなど、「握手会の神対応」で輝いた須田にとってつらい時期が続いた。 「握手会がなきゃ私って価値がないって思っていました。春から夏ごろの自粛期間には、私にはグループのためにできていることが何もないぞ、握手ができない私は意味がないって…。苦しかったですね。 でも、最近は握手ができなくてもリモートや小規模なイベントができるようになり、握手がないのに今までと変わらずにたくさんの方が私に会いに来てくださる。握手に価値

リンク元

タイトルとURLをコピーしました