【ガッキー】新垣結衣、知られざる“ニコモ時代”をガッキー名付け親の編集者が語る「メイクすると見違えるほど洗練、これは絶対合格だ」

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/05/25(火) 16:21:14.13 _USER9
今月19日、星野源(40)との結婚を発表した新垣結衣(32)。彼女の芸能生活は意外に長く、2001年に小中学生向けファッション雑誌「ニコラ」(新潮社)のモデルオーディションに合格したことに始まる。“ガッキー”というあだ名の名づけ親であり、“ニコモ時代”の活躍を間近で見守ってきた「ニコラ」元編集長の山元琢治氏が、当時の秘話を語った。 今から20年前、13歳のガッキーは、沖縄で両親と姉2人と暮らすごく普通の中学生だった。2番目の姉の勧めで、“まさか受かるとは思わずに軽い気持ち”でニコラモデルのオーディションに挑んだという彼女。オーディション時、副編集長だった山元氏は、こう振り返る。 「オーディションに現れた新垣さんは、日によく焼け、髪は耳が見えるほどのベリーショートでした。前髪も短く切りそろえられていて、初めて見た時は“沖縄から来た素朴な女の子”といった印象。他の応募者には垢ぬけている子も多かったので、正直言って特に目立った存在ではありませんでした。ただ、身長は159cmと中学生にしては

リンク元

タイトルとURLをコピーしました