【深キョン】深田恭子さん、適応障害で9月ごろまで休養 今月中旬、映画撮影期間中倒れる「動けないくらい深刻な状況だった」

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/05/27(木) 16:19:59.16 _USER9
女優の深田恭子(38)が適応障害と診断され、当面活動を休止することを26日、所属事務所が発表した。発表によると、昨年春ごろから体調を崩しがちになり、今月に入り診断を受けた。出演予定だったフジテレビの7月期ドラマは降板。撮影中だった映画は深田の体調不良も考慮し撮影延期になった。 適応障害とは、生活の中で生じる日常的なストレスにうまく対処することができず、抑うつや不安感が出たり、行動に変化が表れ、社会生活に支障をきたす病気。 近い関係者によると今月中旬、映画の撮影を終えた直後に倒れ、搬送され点滴治療を受けた。「一時は動けないくらい深刻な状況だったようだ」という。 症状が悪化した背景には「オーバーワークがあったのかもしれない」と親しい知人は明かす。撮影中だった映画に加え、降板したフジテレビ連続ドラマは近日中にクランクインする予定だった。さらに舞台作品の稽古も始まっていたという。キリン「午後の紅茶」とスマートフォンゲームの2つのCMの撮影も重なり、3週間近く激務が続いていたという。

リンク元

タイトルとURLをコピーしました