常盤貴子がテレビで明かしたイジメ撃退法に視聴者モヤモヤ「なんか腑に落ちない」の声

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/05/29(土) 14:56:53.79 _USER9
 女優の常盤貴子が5月23日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演し、小学生の頃に体験したイジメ被害について振り返る場面があった。 女優の鈴木砂羽、タレントの中川翔子とともにゲスト出演した常盤は、若き日の学生生活について回顧。小学4年生までを神奈川県の横浜市で過ごし、父親の仕事の都合で一旦関西へ引っ越すと、高校生の頃に再び帰ってきたのだという。  自らの小学生時代を「暗い子だった」と表現した常盤に対し、中川は「イジメられたりとかはなかったんですか?」と質問すると、常盤は「イジメは結構あった」と認めつつ、「自分の中での武勇伝」があると話し始めた。  小学校低学年の頃、常盤の学校にはクラスメイトを1人ずつ順番にイジメていくイジメっ子の女子がいたといい、常盤は「その姿をずっと見ていて、『嫌いだな』と思って、そのイジメられた子に『今だけ耐えて。あとでちゃんとやってあげるから、今だけ我慢して』」と被害に遭っていたクラスメイトを励ますように話しかけていたという。  その後もイジ

リンク元

タイトルとURLをコピーしました