安住紳一郎アナ「局長待遇」でTBS大混乱…秋開始の朝番組 サポート役の女子アナ選びも紛糾

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/05/31(月) 07:06:50.06 _USER9
 TBSが最後の切り札を投入した!? 有吉弘行と結婚したフリーアナウンサーの夏目三久(36)が今秋で芸能界を引退するのに伴い、9月末に終了する「あさチャン!」の後番組のキャスターに安住紳一郎アナ(47)を担ぎ出したのだ。  安住アナは30日、パーソナリティーを務める「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)で、今秋から朝の帯番組担当になることに言及した上で、2020年からの肩書きを「総合編成本部アナウンスセンター局長待遇エキスパート職アナウンサー」と明かした。  そんな中、頭を抱えているのが現場のスタッフだ。  TBS関係者は「安住アナは現場のプロデューサーやディレクターよりも偉いんです。誰も意見できません。スタジオのセットや番組構成全てに対し、安住アナのOKが出ないと進まないんです」と語る。  もっとも暗礁に乗り上げているのが、安住アナをサポートするサブの女子アナだという。 「TBSの女子アナを候補者としてプレゼンしたのですが却下され、安住アナから『もっと気の利くアナ

リンク元

タイトルとURLをコピーしました