「100日間生きたワニ」公開前なのにレビューサイトで低評価コメントの荒らし横行、おまえらやりすぎwww

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/07/08(木) 20:55:05.69 _USER9
 2021年7月9日公開予定の映画「100日間生きたワニ」をめぐり、映画レビューサイトで荒らし行為が横行している。 まだ映画を観ていないにもかかわらず、作品について低評価投稿を繰り返す愉快犯が多いとみられ、ドワンゴ専務取締役COOの栗田穣崇氏も苦言を呈している。  映画は7月9日公開予定にもかかわらず、8日夕の時点で「Yahoo!映画」にはレビュー40件、評価は2.33点と低い水準になっている。「Filmarks」では点数こそ伏せられているが、低評価レビューが並ぶ。 レビューサイトには、「金と時間の無駄」「超駄作」などの誹謗中傷のほか、全く関係のないストーリーを綴った「ネタレビュー」のような投稿も多い。  過熱する荒らし行為に対し、ドワンゴ専務取締役COOの栗田氏は8日のツイッターで、次のような持論を展開している。 「ネット上で叩いてもよいと勝手に認定したコンテンツを叩く行為をおもしろいと思ってるんだろうけど、クリエイターやコンテンツへのリスペクトがないとわざわざ自白

リンク元

タイトルとURLをコピーしました