「100ワニ」映画監督の上田慎一郎氏、「好意的な感想を書いてくれてる人に『ステマだ!』とか絡むの本当にやめて」

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/07/10(土) 15:05:45.62 _USER9
映画監督の上田慎一郎氏(37)が、公開中の映画「100日間生きたワニ」の感想に対する、いわれのない「ステマ」批判に苦言を呈した。 9日に同映画の公開がスタートし、上田監督は同日深夜、「好意的な感想を書いてくれてる人に対してステマだ!とか絡むの本当にやめてくれよな」とツイート。「当たり前だけどそういうのは一切ありません!」と明言した。 俳優で映画プレゼンターの赤ペン瀧川(43)が「100日間生きたワニ」のポジティブな感想をツイッターに投稿したところ、実際に「ステマ」と疑う声が寄せられたという。瀧川は「『100日間生きたワニ』の感想を書いたら『いくらもらったんだろう…』というコメントと共に引用リツイートされていた」と明かし、「怖い…いや、1円も貰ってないぜ」と金銭のやりとりはないことを強調。「仮に君があの映画を楽しめなかったとしても、楽しんだ俺を否定する権利はないぜ。あと、多分、お前より映画が好きだよ、俺は」と続けた。 https://www.nikkansports.com/enter

リンク元

タイトルとURLをコピーしました