魚住りえ クラスで勃発する聖子VS明菜争い「私は明菜派」

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/07/12(月) 09:53:15.26 _USER9
住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に衝撃を受けたアイドルの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。 「先日、『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)で、フミヤ(藤井郁弥)さんが『Song for U.S.A.』(’86年)と『ギザギザハートの子守唄』(’83年)を歌っているのを見たのですが、デビュー当時とキーが変わっておらず、声のハリもそのまま。“声フェチ”の私としては、感動するしかありませんでした!」 そう話すのは、フリーアナウンサーの魚住りえさん(49)。’80年代は“音楽好き”として過ごしたという。 「3歳から、いずれは音大のピアノ科へという夢を持って、1日2、3時間は自宅、週に1回は先生のところでレッスンを受けていました。ピアノ中心の生活でしたね」 両親は、ともに厳しかったそうでーー。 「テレビはNHKが中心でした。夜9時からの『ザ・ベストテン』(’78~’89

リンク元

タイトルとURLをコピーしました