乃木坂46・松村沙友理を追い込んだスキャンダル後遺症

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/07/14(水) 05:36:34.69 _USER9
 乃木坂46の松村沙友理(28)が13日をもって、グループを卒業した。白石麻衣や橋本奈々未と並んで「御三家」と称され、人気を博した一方、スキャンダルで〝笑うことを忘れた〟時期もあった。逃げずに向き合った姿勢と周囲の支えで笑顔を取り戻し、誰からも愛された松村。まさに「アイドルを体現したアイドル」だった――。  2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格。デビューから卒業まで27枚すべてのシングルで選抜入り。同じ1期生で卒業した白石、橋本とともにファンから「御三家」と称され、結成当初からグループをけん引してきた。  明るいキャラクターと愛らしい表情で、なくてはならない存在になった。この日、発売された卒業記念写真集「次、いつ会える?」には、全メンバーからのメッセージが収録。松村は取材で「自分ではあまり前向きな人間ではないと思ってるんですけど、メッセージを読むとみんなから〝明るさ〟や〝笑顔〟を褒めてもらえることが多くて。うれしくて、私の人生の励みになりそうです」と明かした。  

リンク元

タイトルとURLをコピーしました