西野未姫、AKB時代のストーカー被害「最寄り駅で待ってる人」

エンタメ・芸能
(出典 livedoor.blogimg.jp) 被害にあう。元AKB48でタレントの西野未姫(22歳)が、7月18日に放送されたニュース番組「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA)に出演。アイドル時代に受けたストーカー被害について語った。番組はこの日、盗撮やストーカーなどの犯行の話題を取り上げ、出演者の怖い経験についてトークを展開。西野は「誕生日に劇場公演終わって最寄り駅から帰ろうとしたら、ケーキを持って改札で待っている方がいて。『これ渡したくて…』と言われた」とアイドル時代に経験した実際の出来事を語り、「なんで最寄り駅を知っているのかわからないし、渡されたケーキを食べるのも怖いなっていう…」とその時の心情を述べた。続けて元お笑い芸人で演出家・脚本家のマンボウやしろは、お笑い芸人時代のファンからのつきまとい行為についてエピソードを披露。それを受けて番組MCの千原ジュニアは「女性

リンク元

タイトルとURLをコピーしました