杉咲花『おちょやん』16%台突入の危機 盛り上がらないのはなぜか

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/02/13(土) 18:07:50.28 _USER9
朝ドラは放送期間も頻度も比類なき特別な枠だけに、評価はシビアになりがちなのかもしれない。 ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 NHK朝ドラ『おちょやん』の人気が今ひとつ盛り上がらないのは、いったいなぜでしょうか?  今週は宝塚歌劇団時代に人気を博し朝ドラ初出演と鳴り物入りで、明日海りおさんが登場。 注目が集まるかと期待の声も聞かれましたが、残念ながらさほど火が付いた印象はなさそうです。 視聴率の推移を見てみると、20%台に届かず17~18%を移行していましたが、2月11日の第49話でとうとう16.4%を記録してしまいました。 朝ドラで16%台というのは、かなりの危機的数字でしょう。 このドラマは「大阪のお母さん」として親しまれた上方女優・浪花千栄子がモデルで、杉咲花さんが主人公の女優・竹井千代を演じています。 波乱万丈な女優の人生を描くという太い背骨がしっかり通っている物語なのに、なぜ今ひとつ反響が少ないのでしょう? 第10週は「

リンク元

タイトルとURLをコピーしました