EXIT兼近の“森会長バッシング”への警鐘に反響続々「どうせ会長が代わってもまた粗探しして、みんな攻撃したいんだから」

エンタメ・芸能
1: なまえないよぉ~ 2021/02/13(土) 19:14:36.28 _USER9
お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(29歳)が、2月11日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長辞任を表明した森喜朗氏(83歳)に対するメディアやネット上でのバッシングに警鐘を鳴らした。 前週の放送で、森会長の「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などの“蔑視発言”を受けた記者会見について、番組MCを務めるお笑いコンビ・EXITのりんたろー。は「おじさんたちの集団の中にずっとあった“女の幸せ”とか、“涙は女の武器”とか、“女は愛嬌”といった自分たちだけの古い価値観をそのまま女性に当てはめているのだと思う。しかも、その集団はおじさんだけで形成されているので、お互いの価値観に対して違和感を抱く機会もない。むしろ、森会長の会見を見ていると“俺が代弁してやってんだ”と思っているのではないかという印象すら感じた。このままでは、“政治はおじさんのもの”であり続けてしまうし、世間とのズレや距離は埋まらないままだ

リンク元

タイトルとURLをコピーしました